星霜祭について

今年で星霜祭は30回目を迎えます。

星霜祭の『星霜』という言葉には、「毎年やってくる」という意味があります。また11月を霜月というので、『11月に毎年やってくるお祭り』として名前が付けられました。

「毎年必ずやってくる、これからもずっと続いて欲しい」という願いが込められています。

 

記念すべき30周年を盛り上げるべく、皆様ご協力をお願い申し上げます。


第30回星霜祭 概要

《日時》

11月3日(金·祝)

10:00~17:00 (開会式 / 9:30~10:00)

 

11月4日(土)

10:00~17:00 (FM NACK5 《HITS! THE TOWN》公開生放送 / 15:00~17:55

 

11月5日(日)

10:00~15:00 (閉会式 / 15:00~15:30

 

《会場》

立正大学 熊谷キャンパス

(〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700)


本年度テーマ『COLOR』

 色にはたくさんの種類があるように、私たちにも様々なCOLORがあります。一人ひとりが輝くだけでなく、みんなで手を取り合い、混ざり合うことによってそこにより美しいCOLORを生み出すことができるでしょう。

 第30回星霜祭という記念すべき節目の年を今までにない鮮やかな彩りで輝かせたい。そのような思いが込められています。


星霜祭マスコットキャラクター

『マイケル』

【年齢】11才

【趣味】仮装

【生息地】立正大学熊谷キャンパス

【特技】星を投げる星で空を飛ぶ

【好きなこと】おまつりごと

【その他】黄色くて丸い外はカリッと中はトロっと

 

今年は様々な色をしたお友達が登場!?!